低血圧にあらわれる症状(貧血・寝起き・めまい)

常に低血圧貧血に悩まされている人の特徴

常に低血圧や貧血に悩まされている人の特徴です。
「一年中ダイエットをしている人」食事に誘っても「今、ダイエット中だからお肉や魚はあまり食べたくないの」と、小さなスイーツやパンやパスタばかり食べている人や、一年中ダイエットをしている人は、きちんとした食事をあまり摂ろうとしません。体が冷え、低血圧になりがちです。スイーツやパンやパスタが主食になってしまい、さらに飲み物や酵素ジュースなどで頻繁に食事を置き換えてしまいます。慢性的に低血圧な状態が続きます。タンパク質やカルシウムを摂らず、日々の体力維持や基礎代謝に必要な栄養すらとらないので、低血圧、貧血、めまいを起こしやすいのです。

「周囲の意見に敏感な人」最近太った?肌荒れしてるね?もしかして低血圧?などと言われると、過剰に反応してしまう女性は多く存在します。たとえ、相手が嫌がらせで言っているのであって、本当は羨ましがっているだけでもです。傷つく人は傷つくのです。「この人なら言っても大丈夫」という、万人が認める神経が太い人でも、無意識のうちに心のどこかで傷ついてしまっているのです。特に、男性からの思いやりのない言葉に、女性は深く傷ついてしまいますし、逆も然りです。

「女性にルックスを貶されて傷ついてしまう男性」低血圧でいつも貧血気味な男性というのは、たいてい色白で痩せているか、おなかだけポッコリと出ているような体型をしているうえ、スイーツなどの甘いものやジャンクフードなどを好みます。女性ばかりか男性にもルックスをからかわれることでしょう。人前に出ると笑われるうえ、自分より下を見つけると貶すといったことを、いつも繰り返していると、それが負のスパイラルに陥ってしまうのです。

「職業がモデル、女優、歌手、アスリートである。または将来そういった職業を目指している人」ルックス勝負のお仕事ですので、見ている方は敏感です。ネットの掲示板などで、視聴者から常に攻撃されます。「劣化した」「髪型が似合わない」「太った」「料理が下手だ」「浮気している」「デート中の現場を見た」自信を持って人から見られるお仕事をしているはずなのに、続いてしまうと、精神的に落ちてしまい、食事が進まなくなり、低血圧になったり、貧血になったり、めまいを起こしたり、栄養が取れなくなりなどして、慢性的に低血圧になったり、摂食障害に陥ったりしてしまうのです。

低血圧にあらわれる症状の違いについて

低血圧は血圧の正常値を下回っている状態の事を言います。一般に最大値が110mmHgから100mmHg以下の値とされていますが、高血圧症と違ってどこからが低血圧なのか具体的な基準は決まっていません。ですが、80mmHgを下回ると頭痛、目眩、朝起きられない、動悸、息切れ、冷え性等様々な症状があらわれます。

本態性低血圧と呼ばれる、遺伝的な要因がとされる人が大半と言われていますが、明確な根拠はまだ不明です。一方、慢性的な原因として、自律神経障害や発作性自律神経性失神などがあります。

低血圧と貧血は症状は似ていますが明確な違いがあります。低血圧は心拍出量の減少や血液の循環量の減少によって引き起こされるのに対し、貧血は血液中の赤血球の量が減少し、体に酸素が行き渡らなくなって起こる症状です。両方とも目眩や立ちくらみ等の症状は同じですが体内で起こっている原因には違いがあり対処法もまた違ってきます。

男女や年代によって症状に違いがあり、性別では女性に多く見られ女性ホルモンが関係していると考えられています。女性ホルモンには血管を広げる作用を持っており、末梢の血管の抵抗が弱くなり血圧が下がるからです。女性が冷え性になりやすい原因は、このためです。

年代別での違いでは、主に20代の若年層に見られる夜更かしや昼夜逆転による生活態度の乱れから引き起こされる低血圧が多い傾向にあります。30第以降になると季節や気温の変化に敏感になり頭痛、動悸の症状があらわれます。低血圧による体調不良から精神的に不安定になって鬱症状になる可能性もあることから注意が必要です。

50代の中高年となると血圧が上がる傾向にあることから、どちらかといえば低血圧よりも高血圧に悩まされる人が多くなると思われますが、注意すべき症状として急に立ち上がった時に目眩、立ちくらみが起こる、起立性低血圧の症状にかかると夜中に尿意を催す回数が増えます。これは糖尿病の予兆となる症状であるため、生活態度の改善や医者と相談して予防を心がけるようにしましょう。

低血圧は朝の寝起きに関係が深い?

朝はなかなか起きれない、目覚まし時計をしっかりかけているのに目覚めるどころかかえって意識はウロウロしてしまう、などという方がよく、自分は低血圧だからどうしても治せない、と考えたり、どうにか血圧を上げる方法がないものか、と悩んでいる方が多いようです。

このように朝弱いのは低血圧によるものだ、と断言する方は多いですが、低血圧は本当に朝の弱さに関係しているのでしょうか。低血圧ではないかもしれない、と思っている方も影響されてしまう程多いとも言えます。

まず低血圧と一言で言っても種類があります。1つは急性のタイプですが、この場合は自律神経に障害が起こったりショック状態に陥ることから引き起こるタイプですので朝の目覚めには関係ないと言えます。そしてもう1つは慢性型ですが、慢性型には脱水状態が続くことによるもの、体質が元々血圧低めであるケースや本態性のものもあります。

このうちで本態性の低血圧は頭が始終ぼんやりとしたり、眠気を覚える、疲れを覚えるなどが特徴的な症状ですが、数ある低血圧の原因の中でも朝の目覚めといえばこのタイプに関係が深そうです。しかし、始終ぼんやりしているような本態性の低血圧の場合でも、朝起きれないという方に多い夜中は目が冴えてしまって朝だけは弱い、という症状には当て嵌まらないと言えます。つまり総じてどのタイプの低血圧でも原因にはなりにくい、関係がない、ということになります。

寝起きの悪さは低血圧から、とは最近言われはじめたことではありません。やはりもうちょっと運動をしたり、しっかり保温性の高い食事を摂るべき、という意味で葉っぱをかけるように使われていた言い方である、という程度が正しいのではないでしょうか。ダイエットのし過ぎや運動不足、偏食傾向や睡眠不足などによって血圧が低くなる方もやはり要注意です。血液が身体でしっかり循環しないことによってだるさを感じ、頭痛、めまい、そして寝起きが悪くなることも考えられます。"